【休み(連休)明け】会社に行くのがつらいときの対処法(出社はカフェで落ち着いてから)

休み明けがつらいときの対処法

休み(連休)明けの出社ってなんであんなにつらいんですかね?

休みが長ければ長いほど、出社の憂うつの度合いは増します。

でも、会社には行かないといけない。

困った。

ではどうすれば……という感じですね。

長年会社員をやってきて思うのは、月曜日(週初め)の出社を制する人が1週間を制するということです。

この記事では、休み(連休)明けに会社に行くのがつらいと感じるときの対処法についてまとめました。

【休み(連休)明け】会社に行くのがつらいときの対処法

前日の夜に、週の初めの日はやることを決めておく

最後の休みの日の夜に、明日の業務のことなんて考えたくないよ、という人もいるかもしれません。

わかります。

でも、週初めの業務は少しは考えておいたほうがよいです。

ざっくりと、「これを午前にやって、午後は会議だから、これはこの時間に……」みたいな。

だいたいでいいのです。

大切なことは、週初めはイレギュラーなことが発生しやすいですから、予定通りにならないかもしれないことも踏まえて、立てる予定に少しはゆとりを残しておくことでしょうか。

週の初め(月曜日)から人身事故で遅れると余計に1週間ずっとつらくなる

「休みが終わっちゃった。今日からまた仕事か……」と考えているときに、人身事故で電車が遅延したら、もう絶望です。

その週はもうメンタルが終わりです。

これはつらいですよね(経験したことがある人は多いのではないでしょうか)。

自分もこういう経験、何度もありました。

その週はだいたいずっとつらいです。

週初め(月曜日)の朝ってなんだか、いつもなにかしらで電車が遅れますよね(なぜなんでしょうね)。

休み(連休)明けは早めに家を出て、会社の近くのカフェで落ち着く時間をつくる

休み明けは朝早く出て、会社の近くのカフェで休憩してから余裕を持って出社することがおすすめです。

9時が出社時間なら、8時には会社の近くのカフェにつく。

で、ゆっくりと読書をしたり、見たかった映画をみたりする。

それか、あえて何もしないことも大事な時間です。

休み明け(月曜日)の出社前には、心のゆとりをつくっておくだけで1週間の気分がかなり変わってきますよ。

休み明けに会社へ行きたくないと感じる頻度が増えてきたら

そもそも休み明けに会社へ行きたくないと感じる頻度が増えてきたら、転職のタイミングなのかもしれませんね。

もしくは一時的な離職も考えてみるタイミングかもしれないです。

3年近く働いていたら、ハローワークで失業手当(20代なら目安としては90日で50万円くらいだと思う)ももらえますし、一時的に社会からドロップアウトするのもあり。

生活のためとはいえ、やりたくないこと・ストレスばかりがたまることばかりの職場にいたら、お金は貯まるかもしれません。

しかし、心と体の健康が失われてしまいます。

今の時代、心と体の健康がお金よりも大切です。

人生で精神的に追い詰められたとき

人生で精神的に追い詰められたときに思い出したいエピソードまとめ・対処法も(会社員用)

会社や上司に退職を伝えるのは重労働

会社をやめる!と決意した瞬間に、会社をしれっとやめられたら、もう最高です。

ただ、会社をやめるときって「やめます」って上司に伝えないといけませんよね。

これはかなりの重労働です。

その日の業務以上に、重いタスクです。

自分も会社がつらくてやめたことがあるのですが、上司に伝えるのってつらかったです。

伝えてから退職日までも、基本的にストレスフルな毎日。

同僚に「やめてどうするのか?」「次はどこで働くのか?」とか聞かれますしね。

なので今の時代、退職代行みたいなサービスもありますし、それを頼ってみてもいいかもしれないですね。

調べてみたら、興味深かったのが退職代行ガーディアンというところ。

今は有給休暇や欠勤を使用すれば、実質即日で退職可能みたいですね。

しかも会社や上司への連絡とかもしないでいいなんて、すごすぎます。

そうすれば、やめたいと思った瞬間に、会社と縁を切れますね(こんなサービスを使ってみたかった)。

会社をやめるときって、基本的に自分の味方は自分ひとりだけって感じでやめるのが普通で心細いです。

だから、退職の手伝いをしてもらえるのはありがたい。

退職代行なんて、すごい時代になりましたよ、ほんとに。

まあとりあえず、休み明けはつらいと感じている人は、いつでもそういう退職代行サービスを利用してもいいように、基本的には会社には私物は置いておかないことです。

あとは「この出社が最終出社かもしれないな」という精神で毎日出社していれば、ちょっとは気が楽になるかもしれません。

まとめ

休み明けって、なんであんなにつらいんでしょうね。

生きていくには、休み明けの憂うつをなんとかやり過ごしつつ生きていくしかないのでしょうが、限界を迎える前に、限界が来たときの準備はしておいたほうがよさそうです。

とりあえず、休み明けは会社近くのカフェでくつろいでから出社してみてください。

これだけで、休み明けの憂うつはかなり軽減されますから。

そうしていても、「ああ、もうだめだ!」ってなることもあるかと思います。

そんなとき、退職代行という最終手段を心の中に準備しておくだけでも気持ちは楽になるはずです。

>低費用で確実な退職代行【退職代行ガーディアン】

飲みニケーションは無駄。雑談は必要

飲みニケーションは無駄だし嫌い。飲み会回避・普段の対策まとめ。だけど、普段の雑談は必要。