疲れて何もしたくないときは”何もしない”を全力でしながら、”何かしたい”を待つしかない

疲れて何もしたくないときって、ありますよね。

なんだか気分がのらないな、というとき。

季節の変わり目はとくに。

昼と夜で気温差が激しくて、体とこころがうまく環境についていきません。

寒暖差って、地味に体にこたえますよね。

季節の変わり目は体調もすぐれず、何もしたくないと感じることが多々あります。

なんだかひどく疲れている。

あったはずのやる気は何かに奪われて、どこかに消えてしまっている。

なんだかひどく眠い状態がつづいている。

何もしたくない……

そんなときってありますよね。

僕の場合は、まさにいまがそうなのです。

どうしてこんなにやる気がなくなって、何もしたくないと感じるのでしょうね。

どうしてこんなにひたすら疲れているのだろう。

何もしたくないときは”何もしない”を全力でする

何もしたくないときは結局のところ”何もしない”を全力でするしかないです。

季節の変わり目、とくに春は大変ですよね。

生活が変わり、気温が一気にあたたかくなります。

春は気づいたら、なぜか僕たちのやる気を奪い、かわりに「疲れ・眠気」をたくさん置いてどこかに行ってしまいます。

それが3月、4月は続くのです。

もうやっていられません。

何もしたくないときは”何もしない”を全力でする。

何もしたくないと感じるときはできるかぎり、何もしない。

唯一することは、この世界で息をし続けることだけ。

何もしたくないと感じるときは、いまの居場所でしっかりと息をしているだけで立派な達成です。

あなたはいま生きているだけで、じゅうぶんすぎる仕事をしていますよ。

何もしたくないと感じるなら、”何もしない”を全力でするのが正解です。

春というメンタルが不安定になる桜の季節を人はどうやり過ごせばいいのか

「何かしたい」期をむかえるためにできること

「何もしたくない」期が終わり、「何かしたい」期に切り替わるタイミング。

もうこれは待つしかありませんよね。

待つしかない。

ただ、何もしたくないといってもずっと何もしないでいるのは、それはそれで疲れが溜まりますよね。

「何もしたくない」と感じるとき、こころではきっと「頭で考えてやること」を何もしたくないという状態だと思うのです。

なので、頭を使わずにできることをする。

シンプルにこの3つがおすすめです。

・たくさん歩く

・たくさん水を飲む

・たくさん寝る

たくさん歩く

散歩は最強の気分転換方法です。

散歩するとき、頭をからっぽにして、ひたすら歩くと気持ちがいいですよ。

適度な疲労感によって、たくさん眠れます。

夜の散歩

夜のひとり散歩は気分転換として最高のアクティビティ。効果・メリットと注意点まとめ

たくさん水を飲む

体の渇きがそのままこころの渇きみたいなものを生み出します。

なので、シンプルに水をたくさん飲んで、体にうるおいがあたえてあげましょう。

たくさん寝る

眠ることこそが、人間をいちばん回復させてくれます。

何もしたくないときって眠いことが多いかと思いますが、もうひたすら眠りましょう。

10時間でも12時間でも。

体の疲れがすべて体外に出てしまうくらいに。

まとめ

疲れて何もしたくないと感じるとき、結論はこれです。

疲れて何もしたくないときは”何もしない”をしながら、”何かしたい”を待つしかない。

何もしたくないと感じるとき、体もこころも疲れているはずです。

なので、体とこころの疲れをとるために、ひたすら”何もしない”をする。

”何もしない”をたくさん続けることで、”何かしたい”が芽生えてくるはずです。

人生は長期戦ですから、休みたいときにはたくさん休んでおきましょうね。

リラックス・落ち着く

【寂しくて眠れない孤独な夜に】心が落ち着く動画まとめ(焚き火・ホタル・うさぎ)