【マスクを外せない人】外すのが恥ずかしい症候群。外すのが怖い。今後も顔パンツで生活をする

マスク外せない

コロナの生活が2年以上続いて、毎日マスク、消毒、検温、マスク……。

いざ外してもいいよ!ってなっても、今度はマスクをしていないことに慣れてないので、外すことに奇妙な恥ずかしさがありますよね。

てか、人目が気になって怖いです(個人的な感想)。

マスクは顔パンツ、なんて言われていたりしますが、まさにそんな感じ。

さて、これからわたしたちの生活はどうなっちゃうんでしょうね。

マスクを外せない。さてどうすればいいのだろう

いや、今さらマスクを外すとか、なんだかもう無理ですね(2022年6月末現在。異常気象の猛暑が続いても)。

もう2年以上にわたる習慣で、マスク着用が毎日の歯ミガキみたいなことになってしまいました。

正直、マスクを外してOKとなっても、普段から健康意識が高かったら、マスクを外す理由ってないですよね。

もはやマスクが顔の一部になっていて、外せと言われても、いまさら恥ずかしくて無理。

2年以上、ほとんどの場面でマスクありの顔で相手と会ったりしていると、マスクに隠れていない目の部分から上が本来の自分、みたいな感じがします。

いまさらわざわざ鼻と口をオープンにするなんて……。恥ずかしすぎます。

鼻と口なんてたいしたパーツでもないですから、見せる必要もないですし。

それに、しゃべるときの唾液が飛ぶのって嫌ですし、ずっとマスクをしていてもいいんじゃないかな、と思います。

みなさんはどうでしょうか。

街中でマスクを外している人はいるのか

マスクを外している人、たまに見かけます。

だいたいが60代以上のおじさんって感じがします(たまたまそうだっただけかも。そういう人があごマスクしてました)。

ほかには、騒ぐのが好きそうな若い男性(偏見ですね)がちらほら外していますね。

基本的には夏の気温の日でも、ほとんどの人は外でもマスク着用。

あまりに日本人的な風景です。

もうそれが見慣れた風景すぎて、逆に外している人が目立ってしまいます。

最近ですと、車内でマスクをしていない女性が男性に暴行される事件もありました。

「マスクをしていない女性に腹が立った」 80代女性に暴行疑い、福岡で列車乗客の男逮捕

ほかにも下校中のマスクしてなかった小学生が、マスク警察おじさんに殴られる事件も……。

「マスクしていないやないか」などと因縁 下校中の小学生男児を殴った疑い 62歳の男を逮捕 三重・鈴鹿市

世の中、怖すぎです……。

マスクをしていないことで、暴行されて死んでしまう人も今後は出てしまうかもしれません。

やはり、もうどこでもマスクをしていたほうが無難です。

そもそもマスクを外す必要ってあるのか。てか、もう外すのが怖い

下記のニュースのアンケートでは、20〜40代の女性のうち、約7割が「屋外でマスクを外せる状況でもマスクを着用している」と回答したそう。

屋外でマスクを外せる状況でも、女性は「着用する」7割 外すことに抵抗感…事前に準備が必要という人も

回答で興味深いのは、「着用しているほうがなんとなく落ち着く」(29.3%)

→なんかわかる

「周囲の雰囲気、状況的に外しづらい」(29.9%)

→これもわかる

まあ、この日本社会の中で、あえてマスクを積極的に外すメリットってないですから、こういう結果になるのも当然かなとも思います。

今後はもうずっとマスク生活でもいいや、と個人的には思います。

マスクをしていれば、男なら髭を剃らないでも、女性なら化粧していなくも、OKですし。

人の目をそれほど気にしないでいいですし。

人に会うときも、目元と髪だけ最低限整えればOKですからね。

日本人の同調圧力的な性格を考えると、むしろマスクをずっとしているほうが楽。

何も言われないですし。

外して歩いているだけで、からまれたら最悪ですし。

あと思ったことは、今はどこで誰がカメラを使っているかわかりません。

自分の顔すべてがうっかり写り込んでしまった画像や動画がSNSやYoutubeにアップされるのってなんだか嫌じゃないですか?

その投稿者がちゃんとモザイクをかけてくれるかもわかりませんから。

自分の顔ってわりと個人情報ですし。

でも、マスクを常にしていれば、顔の半分は隠せますから、少しは安心です。

そもそもマスクを着用して、ウィルスから身を守りたいわけじゃない

マスクをしていても絶妙に隙間ができて、そこから外の空気が出入りするわけですし、ウィルスに対してマスクは完璧なツールじゃないはずです。

結局、いまはマスクをしていること自体で謎の安心感を得られる。

マスクってそんな道具になっていませんか(わかる人はわかってくれるはず)。

あの薄っぺらいマスク1枚を隔てることで、あらゆる嫌な出来事、あらゆる嫌な人間関係に対して、ちょっと距離をとることができて、それが自分の安心材料になる気がします。

マスクはマスク本来の機能以上に、精神的な作用が(精神を安定させる)ある気がします。

ただ、ずっとマスクをしている場合、メンタル的には楽ですが、予期せぬタイミングでマスクを外して会話をする場面もたまにはありますよね。

そのときに気になるのは、口臭。

普段からマスクしているから、マスクしたはは適当でいいや、と放置しておくといざというときに困りますので、最低限のケアはしておきたいですね。

マスク外せないと夏場はつらい

ただ、夏場の猛暑日などは、マスクをしているとちょっと息苦しいです。

熱中症の心配もありますし。

ですから、誰もいない路上で、外して歩く(マスクをしない練習!)も適度にしてみるのもいいかもしれませんね(自分はたまにやっています)。

夏でもマスクをする場面が多いなら、その分、水分補給をしたり、日傘をさしたりすればOKでしょう。

ただ、毎日マスクをするのって地味にお金がかかる

マスクをすることで、不安とウィルスから身を守ってくれますが、地味に毎日お金がかかりますよね。

マスクでの生活がもうあたりまえになっていますから、マスクの費用は最小限にしたいです。

あと毎日使っていると、気づいたら在庫が切れていて焦ったりすることもあります。

となるとマスクのサブスクとかで確実に在庫を持っておきたいものです。

マスクの定額サービス(GALLEIDO SANITARY MEMBER:ガレイド サニタリー メンバー)なら、マスク1枚あたり22円(送料無料)。

ドラッグストアやショッピングモールで買う場合は1枚あたり30円前後はしますから、安いです。

このマスクのサブスク、日本テレビの『スッキリ』『news every』でも取り上げられたみたいですよ。

■公式サイトはこちら

GALLEIDO SANITARY MEMBER誕生

まとめ

結論としては、「マスクを外せない」ことを悩む必要ってないんじゃないでしょうか。

夏場はつらいですが(屋外ではずしてこっそり歩く)、春・秋・冬はもう通常の風邪対策でマスクを習慣的にするでしょうし。

日本人総マスク着用社会でいいです(国民性として完全脱マスクはおそらく不可能)。

マスクをしていて、「こら、なんでマスクをしているんだ!」って怒られる場面って絶対にないでしょう。

一方で、マスクをしていなかったら「なんでマスクをしていないんですか?」と、自粛警察系のめんどくさい人から、からまれる可能性があります。

それが変に暴力的な展開に発展したら、ほんとうに厄介です。

結論としては、自分は暑くてもマスクしておきます。

別にそれほど息苦しくないですし。

てか、顔を売りにしている芸能人以外の、一般の普通の顔の人が、ほかの見知らぬ誰かに対して鼻や口を見せる必要ってありますかね?

最低限、目だけ見れたらOKだと思うんですよね。

相手の表情って顔を見ないでも、声色でなんとなくわかりますし。

というわけで、もうマスクは、ほんとに顔パンツです。

パンツなので、脱いだら全裸ですから、もうマスクは外せません。

ただ顔パンツって表現はいやですね。